人生を、起業を、すべてを導く。GoldenCompass

道に迷ったとき
分かれ道にきた時

意を決して一歩を踏み出すとき
上手くいかなくなるときには必ず理由があります。

あなた自身を、社会を動かすための

「Golden Compass」を手に入れましょう。

右倣えの教育からの脱出!

すべての始まり

すべての始まりは「自分」=航海図のつくりかたです。

航海図が上手く描けている=自己分析が丁寧に出来ている人は、迷うことなく、目的地に辿りつくことが出来ます。

点や面だけでなく、俯瞰(上から全体を見る)から見る力、全体像を想像する力を身につけることは、荒波を越え、目的達成のために必要な力です。

人間力デザイン®は、心とマインドと身体の三位一体を大切にしています。

問題をみつけられる力

私達の掲げる「心」「マインド」「身体」の三位一体という考えは、古くから語られてきた事もあり、人の前に立つ仕事の方などにも欠かせないことです。

私たちは、どうしても目先の出来事(点)や環境(平面)に注意を向けがちで、それがすべてだと考えがちですが、視点を変えてみると実はそれが大きなヒントになることもあるのです。

文句をいいながら甘んじて人生を無駄に過ごすことよりも、多面的な見方。自分をそして他の人たちを掘り下げる力。
問題を見つけ、解決していく力をつけることがあなたの道を拓いていくのです。

さぁ、「新しい航海図」をつくり、「船長である自分を磨き」一歩を踏み出しましょう。

人間力デザイン® が大切にする「守・破・離の教え」

守・破・離という教え

物事を学ぶ時の姿勢として昔から受け継がれている言葉です。
この姿勢は仕事で物事を実行するために最も大切な基本姿勢であると同時に、修行を積む過程での順序を表す言葉で、独自の境地を拓く道筋として師の流儀を習い学ぶ事の教えを説いたものです。

:師匠や上司に言われたこと、師の流儀・型を習い『守る』こと。
:師や上司の流儀を極めた後に、他流も研究すること。その型を自分と照らし合わせ、自分に合ったより良いと思われる型をつくることにより、既存の型を『破る』こと。
離:自己の研究を集大成し、独自の境地を拓いて一流を編み出すこと。師匠の型、そして自分自身が造り出した個人は、自分自身と技についてよく理解しているため、型から『離れる』こと。

目指すは、先人たちの智慧を借りながら、確固たる自分自身を作り上げることです。

お問い合わせはこちら

人間力デザイン®が考える、心とマインドと身体の関係

心は=航海図、マインド=船長、身体=船体

※このわかりやすい例えは、こちらのサイトからお借りしました。

個人でも、会社でも。心=自分自身の行きたい先が見えていないと迷子のようになってしまうのは必然です。
そして例え地図を持っていたとしても、それが本当に自分自身がやりたいことか。取り組みたいことなのかというものがわからなければ、何か釈然としないものを持ったまま進むことになります。会社の場合には、ここに乗船員が加わりますので、尚、複雑になっていきます。すべての不一致や、違和感、崩壊はこの三位一体のバランスが崩れてしまうことから始まります。

そして、身体が(船体)傷ついてしまっては安全な航海は望めません。
大切なことは、自分や会社のどこの部分が崩れているのかを知る力。
客観視できる力を身につけることが大切です。

人間力デザインアカデミー®各種講座について
  40代からの心とマインドの整理術 インタビューワーク 

30代までは勢いだけでもなんとか乗り越えられます。
けれどもそれ以降は自分自身が問われ始める年齢になります。
これまでとそしてこれからを見直し、次を考えるタイミングです。

「私は本当は何がしたかったんだろう?」「伴侶は必要なのだろうか?」「これから先もこのままでいいのか?」ということを考え、新たな道を行くのか、継続するのかを考えることで、60歳以降の生き方が変わります。40代をどう生きたか。これが大きく影響します。
このタイミングで自分の心とマインドを紐解くことで、以降の人生が大きく変わります。

アナウンサーとして200名以上の方にインタビューをしてきた、代表の西村が、長い時間をかけて質問を投げかけます。あなたは質問の答を、どんどん大盤のボードに貼り付けてご自身の内面を可視化していくのです。そして、ボードに描き出された言葉を精査し、何を選ぶべきか、何を棄てるのか、進むべき道はどちらの方角か等を明らかにしていきます。

講座が終わる頃、自分だけの「GodenCompass」羅針盤を手に入れているはずです。

《開催予定》

2019年9月~予定  9/23(祝・月) 9/26(木)10/14(祝・月)10/31(木)
11/14(木)11/24(日)
定員:各日5名 (最少催行人数1名)開催時間:9:30-16:30(昼休み1時間)
参加費:20,000円  ⇒ 15,000円(税込/会場費込)

   人生がもっと楽しくなる「演劇体験講座」 

演劇を通して学ぶ様々な事が、一般に浸透していない事が何よりも勿体ない!と感じています。
こういうわけでサクッと演劇に触れられる《体験講座をご用意しました》

先ずは自分を知る。ということが大切ですが、こんな堅いことは言わず、
「自分の声と心と身体を活かせるとこんな風になるよ!なれるよ!」
「そうか!自分ってこういう人だったのか!!!」という体験もして頂けたらと思います。

《体験日》10月6日(日)午前9時~11時半 10/16(水)午後7時~9時半
《定員》12名 《参加費》4,000円(税込)

本講座は、11月から半年12回の 平日昼・夜 /  土曜夜クラスを開講予定です

  稲葉禄子の「楽しく内面に触れる囲碁」  

ご案内するのは、囲碁界では知らない人はいない、稲葉禄子さん。
自叙伝とも言える「囲碁と悪女」という本も出版されています。
好奇心と人への愛に溢れている彼女も又、自分自身を見つめながら生きてきた人。囲碁をしていると盤面にその人の考えや弱さ、様々な人間像が浮かび上がるそうです。もしかしたら、そこに意外なあなたがいるかも知れません。

こちらは、2019年10月からの6回連続講座です。

※参加条件 囲碁が初めての方のみ受講可能です。

《日時》2019年10月~の第1.3金曜日 13時~
《定員》5名 《受講料》6回で30,000円

自分が進むための航海図を描き、確固たる自分自身を持って進むための講座をご用意しました。

代表挨拶

代表挨拶とプロフィール

  • 写真
  • 初めまして。西村長子と申します。

    気づけば35年間フリーアナウンサーとして活動し、
    演劇教育に携わってから20年という月日が経とうとしています。

    30代で、「ひょんなひと言から」会社の代表を任され、芸能マネージメント事務所の代表になりました。
    自分の時間がほとんどなくなり、いつも、携帯を握り締める毎日。
    自分ではなく、家族でもなく、会社を最優先にしていました。
    実は、この頃の細かい記憶はほとんどありません。
    40代で体調を崩し左耳が聴こえなくなりました。そして、追い討ちをかけるように、過敏性大腸炎と続きます。こんな私の状況をみて「なんでもストレスのせいにしないで」という言葉を同僚に貰ったことや、丁度その頃お世話になっていた主治医の「君は自分の身体が悲鳴を上げていることに気づいていないことが大きな問題だ」と言われていたこと、人間ドックのストレスチェックで最高値をマークして、カウンセリングを薦められたことで、私は会社を辞め、人生を変える決意をしました。

    当時の私は、自分の人生の舵を取れていたのか。
    答えは「NO」です。
    ページ内にも書きましたが、航海図も船を動かす自分も、そして船体もボロボロでした。
    そんな時に出会ったのが「演劇」でした。
    自分はどんな人なのか、自分の思考の癖はどんなものなのか、行動の癖は…。
    こうしたことをとことん突き詰めさせてくれたのが「演劇」
    です。
    演出家に怒鳴られるのはいつも、「今ここにいなさい」ということでした。自分よりも周りに気を使う生き方が稽古で出てくるのです。芝居のダメ出しはいつも人生のダメ出しでした。

    その後、また同じループにはまり、6年前に乳がんを発症。
    「出来ること」と「やりたいこと」の違いや、「誰と一緒にいるのかが大切なこと」を病気を通して学びました。

    私が他の講師の方と違うところはどこかと考えると、表も裏も、天辺も底も見てきたということでしょうか。
    出来るなら、こんな遠回りをすることなく多くの人に自分らしい人生を歩んでいただきたいと思っています。
    紆余曲折な人生からつかんだ宇宙の理や、身体の不思議、そして自分を紐とく様々なアプローチ
    私にしか話せないこと、伝えられないことが沢山あると思っています。
    是非、私に会いに来てください。お目にかかれるの楽しみにしています。

■ 宮城県石巻市出身 ■尚絅女学院大学卒業 ■趣味は、韓国語と囲碁
■ 東北放送[「ジャンボリクエストAMO」「男女りすなー若者語り」「ぽっぷん王国」FM仙台「スタジオラビリンス」他数多くのラジオ番組を担当
■ 舞台演出家として「イヌのあだ討ち」「楽屋」等を演出
■ 女優としては「Lovers」「ハロルド&モード」「キルトの世界」(吹替)等に出演
■ 発声を鈴木康夫・演劇・演劇教育を松本永実子/ニコラスバーター・即興を今井純に師事

この他、法政大学法科大学院・青山学院大学法科大学院・東京アナウンス学院・東京ビジュアルアーツ・シアーミュージック等多くの場所で講師を務め、
企業でのアクティブラーニングの研修なども行ってきた。

プログラムの詳細や空き状況、お仕事の見積もりやご依頼などお気軽にお問い合わせください