はじめまして。人間力デザイン®です。

体験型の学びで深める

「毎日は、選択の連続で出来ている」
だから可能なかぎり、自分らしい選択をしたい。

ここには感性を磨くヒントと、「覚える」から「分かる」を体感できる、体験型の学びの体系があります。

ご案内するのは、人間力に溢れた「人間力デザイナー」たちです。

あなたの土台となる人間力にアプローチ

ハウツウ型から体験型へ

今「体験型」の講座が注目を集めています。これは、英単語や漢字、数式のように「頭で覚えたもの」は忘れますが、体験を通して「わかった」もの「気づきを得たもの」は、決して忘れることがないからです。ハウツウ型の学びは「上手くやらなければならない」という、切迫感を生みました。
「〇〇せねばならない」という意識が、学びの本質を遠ざけてきたのです。パフォーマンスの向上の鍵は、リラックス。人間力デザインアカデミーでの体験は、自分は何に心をが動き、何が判断基準となるのかといった「自分自身の揺るぎない定義」を作り上げます。

自分を知り、他者を知ること。そこに生まれる化学反応。
そのすべてを体感してください。

お問い合わせはこちら

あなたは何を基準に物事を決定しているかを、言葉にできますか?

あなたの身体に現れてる症状、あなたの身の回りに起きる出来事、同じ失敗、それは、今までのあなたの身体や行動など、あなた自身の使い方の結果です。それは、何かが不足しているとか、何か不純なものを取り込んでるとかではなく、本来のあなたを上手く使いこなせていないだけ。ではどのように使いこなしていけばいいのでしょうか?

私たちは人間力デザインアカデミーでは、体験型の授業を通して、自分の思考の癖、行動の癖、身体の使い方や言葉の使い方、感情や感性の源に気づくことで、自分自身の定義を身につけていきます。
本来あるべき自分の姿を知ること、個性の使い方、身体の使い方、思考の使い方を見直すことで、しぜんに活力に満ちた生活と、社会でのポジションを確立あるいは、取り戻すことができるのです。

さぁ、体験型クラスに参加しましょう。

講座は知識と経験が豊富な人間力デザイナーが、あなたの人間力を豊かで揺るぎのないものへと作り上げていきます。

表現プログラム
では、即興演劇や演劇をはじめ、文章を書く等と言った体験から。芸術プログラムでは、一流の音楽家たちの演奏や自ら演奏に参加するという体験から。食のプログラムでは、身体を考えた食べ方や素材の選び、発酵食作りの体験から。ボディーワークのプログラムでは、身体の使い方の癖を知り、身体の開放と自由を体験することから。感性と論理の両面が必要な囲碁プログラムでは、その体験から、先ずは自分の戦略の癖を知ることから始めます。
ハウツウや、見かけを取り繕うことなく、「自己のゆるぎない定義を見つけ、身につけ、自身の最大限の可能性を広げましょう」

クラスのご案内

関西クラス

人間力デザイナー「藤嶋ひじり」「寺嶋康浩」の両名が中心に、ボディワークと表現を中心に開講します。又、2018年度は、アカデミーの校長である西村長子が、偶数月に体験型「即興演劇」(インプロヴィゼイション)で学ぶInside work を開講。12/8  9:30~京都での授業開催が決定しています。

関東クラス

人間力デザインアカデミー校長・西村長子の表現クラスや、ヤマザキヤマトの打楽器を使ったチームビルディング、そして、感性と論理のマッチング。囲碁から紐解く個性。など、体験型の楽しい授業がたくさんあります。

個別/社内研修など

一人のカウンセラーが一社の社員研修を行うのではなく、各分野の人間力デザイナー全員が研修を行います。目指していただくのは、私たちデザイナーがいなくとも、社内を上手に循環できる力を身につけて頂くということです。
個別では、引き算ではなく足し算の人間力アップです。話し方、囲碁、ボディーワークは個人授業が可能です。
人間力デザイン® の特徴
授業をカスタマイズする

大学の履修をイメージしてください。一時限目から、最終コマまで、様々な授業を全部受けていただくことも、1コマだけ受講することも可能です。このようなスタイルで、11月からはじまる関東クラス。開校日や詳細は追って追記します。又、ご希望の方にはご自身の今を知るための個別の面談も可能です。

多彩な経験を持つ人間力デザイナー
人間力デザイナーたちは、それぞれの分野の専門知識を持ったプロフェッショナル。幅広い年代、性別を問わず、どなたでも安心して始めて頂けます。お友達同士、ご家族での参加も可能です。
お子様向けプログラムの実施
感じ、考える力を育みます。あたまの柔らかい子どもの頃から、芸術をたしなみ、感性を磨くこと。自分の感情を客観的に観ることができるようになること。食べ物のことを知ること。身体を自在に使えるようになることは、幼い頃から自分の中に柔軟な芯をつくることに他なりません。関西・関東でのクラスを予定しています。
忙しい日常から離れる時間をつくる
子どもの頃の「学習」は、良い点数をとるためのものでした。大人になってからの「学び」は、自分自身を開拓し育てるためのもの。忙しい日常からはなれ、しばし自分と向き合う時間をつくることが大切です。
忙しい日常から離れる時間をつくる
子どもの頃の「学習」は、良い点数をとるためのものでした。大人になってからの「学び」は、自分自身を開拓し育てるためのもの。忙しい日常からはなれ、しばし自分と向き合う時間をつくることが大切です。
人間力デザイナー 紹介
Choko.Nishimura
ドラマティーチャー/アナウンサー/ナレーター/キネシオロジスト。フリーのアナウンサーとして数多くのラジオ番組やナレーション、インタビューを担当し「言葉」の世界に深くかかわる。並行して、RADA(英国王立演劇アカデミー)の日本での夏期講座に5年続けて通い、演劇と、演劇教育を学ぶ。アクティングを松本永実子・演劇教育をニコラス・バーターに師事。インプロヴィゼンションを今井純に、発声を鈴木康夫に師事。自身が舞台に立つときに感じ、考えてきた「演劇は生きるために必要なすべてが網羅されている」という考えをもとに、2つの法科大学院で即興演劇を取り入れた授業を担当。利他という言葉が独り歩きをしている昨今、他者理解の前に「自己理解」を深めることが大切であることを提唱。体験型の本物の「学び」を提供する場を48都道府県につくることを目標に、人間力デザインアカデミーを開校。
Yasuhiro.Terashima
ボディワーカー、グラフィックデザイナー、ライター。京都在住。ポラリティセラピーやクラニオセイクラルを学ぶ。多くのクライアントと向き合うなかで、生命を身体や心に分けるのではなく、生命まるごと尊重していく「在り方」が、人の変容をサポートする「きっかけ」になると気づく。その在り方をベースに、今ここにある身体から思考の癖や感情のパターンを解放していくUnfolding Bodywork(アンフォールディング ボディワーク)としてまとめる。現在は京都、東京で個人セッション、ワークショップ、ボディワークのクラスを開催。身体を持つ喜びを感じること、身体を体感することが、心をひらき、人生をひらいていくと信じている。 
Hijiri,Fujishima
1968年生まれ。編集室Roots・きのね出版・アトリヱ根っこ代表。編集者、コラムニスト、保育士、表現・コミュニケーション講師、シンガーソングライター。
保育士から(株)リクルートの編集者に転身。退職後、日経BP社、小学館、NHK出版など。延べ1,700人以上にインタビュー。自身の体調不良と娘のアトピーを機に生活習慣病予防士、心理カウンセラーなどの資格を取得。表現アートセラピーや心理学を学び、座禅道場で修行。心身と魂の磨き方について研究中。
クラシックバレエ、絵画、ピアノ、フィギュアスケートを習った経験や、保育士、表現アート、合気道初段、インタビュアーの経験を生かし、身体表現や音楽表現の場づくりを広げている。
ヤマザキヤマト
1967年生まれ。埼玉県坂戸市在住。
2001年より歌う民族打楽器奏者として日本全国年間約120本のLiveを行う。
アフリカやブラジル生まれの太鼓達、民族楽器のエッセンスを元に発明されたHANGなどを叩きながら歌う、トークや観客とのかけあいもユニークなオンリーワンなアーティスト。
演奏後には楽器の体験コーナーが自然発生する日も多く観客との更なるコミュニケーションの時間に。
癒しの音、落ち着く音、元気が出る音…気持ちや身体に効用のある音の世界にも活動の範囲を広げている。

人間力デザインアカデミーでは、音楽の提供と共に、打楽器をつかったチームビルディング等を担当。
稲葉 禄子
政・財界人・ミュージシャン等への指導碁を数多く経験している囲碁インストラクター、NHK囲碁番組、囲碁将棋チャンネルの司会の他、ANAインターコンチネンタルホテル東京囲碁サロンRanca、ダイヤモンド囲碁サロンを経営。人間力デザインアカデミー®では、囲碁の授業を担当。

碁はたった、15分でルールを覚えられ、実践を通して盤面に現れてくる、様々な己を体感できます。そこに浮かびあがる世界観は、共存、バランス感覚をはじめとし、出来る能力で働くのか、スキルを磨くのか、硬めの会社に勤めるのか、起業をするのか、といったようなことまで、様々な自分が浮かびあがります。古から武将たちがなぜ囲碁を嗜んできたのか。その理由がわかるはずです。是非、感性と論理の融合を体験してください。

 
ヤマザキヤマト
1967年生まれ。埼玉県坂戸市在住。
2001年より歌う民族打楽器奏者として日本全国年間約120本のLiveを行う。
アフリカやブラジル生まれの太鼓達、民族楽器のエッセンスを元に発明されたHANGなどを叩きながら歌う、トークや観客とのかけあいもユニークなオンリーワンなアーティスト。
演奏後には楽器の体験コーナーが自然発生する日も多く観客との更なるコミュニケーションの時間に。
癒しの音、落ち着く音、元気が出る音…気持ちや身体に効用のある音の世界にも活動の範囲を広げている。

人間力デザインアカデミーでは、音楽の提供と共に、打楽器をつかったチームビルディング等を担当。
クラス全般や空き状況、人間力デザイナー応募についてなど、
お気軽にお問い合わせください。
会社名 人間力デザイン®
設立者 西村 長子
設立年月 2018年5月5日
本サイト http://ningenryoku.design
設立年月 2018年5月5日